EASは部分的な聴覚障害を持った方のために開発された、インプラントによる解決策の一つです。
低周波数域のきこえが比較的保たれていて、高周波数域のきこえが悪い聴覚障害の方々に適用されるものです。部分的な聴覚障害を持った方にとって、補聴器だけではことばを理解する際や音楽のような複雑な音を聞く際に、しばしば十分満足いく効果が得られません。従来の人工内耳システムだけでも、低周波数域のきこえが悪いため十分ではありません。
人工内耳と補聴器の同時装用、つまりEASは音声信号の増幅(補聴器)と人工内耳の技術を同じ側の耳で併用しようというコンセプトなのです。EASにより、内耳では補聴器からの音声信号と人工内耳からの電気信号とが与えられることで、高周波と低周波の情報を同時に処理することができるのです。
EASは外部機器と内部機器の2つの部分から成り立っています。

内部機器(体内部)

  • インプラント: インプラントは電子装置を含む部分、受信アンテナと電極アレイ、そして耳の後ろに位置するコイルを固定するマグネットで構成されています。

外部機器(体外部)

  • スピーチプロセッサ: スピーチプロセッサの特徴は低周波数域での本来の聴力を高める音声信号の増幅ユニットであり、耳の後ろに装用されます。高周波数域の音に対しては、人工内耳機能が自動的に引き継ぎます。スピーチプロセッサと人工内耳の利点をうまく組み合わせることで言葉や音を知覚する際に相乗効果が得られ、部分的な聴覚障害を持った方々に最適な解決策をご提供しています。

EAS はどのように機能するか?

EAS

EASは特定の周波数域に対応している2つの技術を結合したものです。

機能の仕方:

 

  • 人工内耳は日常の音をコード化された刺激パルスに変換します。この刺激パルスが聴神経を刺激します。脳がこの刺激を音として認識します。
  1. 高周波数域の音はDUET 2 スピーチプロセッサのマイクロフォンによって拾われ、特別なコードに変換されます。
  2. このコードは皮膚を通してコイルに送られます。
  3. インプラントがコードを認識し、刺激パルスを蝸牛の中の電極に伝えます。
  4. 刺激が聴神経から脳に伝わります。

 

  • 音声信号の増幅によって、蝸牛が依然ききとることのできる音の量が増えます。EASでは、低周波数域のみが増幅されます。
  1. 低周波数域の音はマイクロフォンによって拾われ、電気信号として処理され、分けられます。
  2. 音はイヤーフックにあるスピーカーによって増幅され、耳栓を経由して耳道に伝えられます。
  3. 音は低周波数域の音を受け持つ蝸牛のうち損傷のない部分に到達します。
  4. 聴神経が音声信号を脳へ送ります。
Get in Contact

Please name the person you want to get in contact with.