難聴に対しては効果的な治療オプションが数多くあります。コミュニケーション方略についての教育、補聴援助機器、補聴器、電気音響刺激人工中耳人工内耳システムなどです。

コミュニケーション効果:

また、生来の聴覚の代わりとなる機器のほかに、コミュニケーション能力を向上させる技術を学ぶことも大切です。たとえば、話者の顔がはっきりと見えるような明るい環境で聞けば、聞きながら視覚的に言葉の手がかりを得ることができます。静かな場所を選ぶか、または静かな場所に移動すれば、相手の声に集中することができます。聞き手と話し手の距離は必ず1メートル以内にしてください。明瞭な音声理解の手助けになります。

補聴器:

補聴器は軽度から中度の難聴に効果的です。補聴器は音を増幅させます。かつて、補聴器には外見に難があり、良くないイメージが付きまとっていました。今日では、補聴器は小さくなり、目立ちにくく、いろいろな形、色、サイズで売られています。また、好みに合わせてカスタマイズすることもできます。現代の技術革新とあいまって、そのことが補聴器を受け入れやすくし、一般的に付きまとっていたマイナスイメージを払しょくしてきました。細かな動きがしにくい大人が操作しやすいようなモデルもあり、聴覚医療の専門家が適切な補聴器選択のお手伝いをいたします。

補聴器は耳の後ろ(behind the ear、BTE)、耳の中(in the ear、ITE)、または完全に外耳道内(in the ear canal、ITC)に装用することができます。 オープンフィットBTEモデルでは、イヤーモールド(耳型)ではなく細い管を使って、耳穴に音を送ります。オープンフィット補聴器は一般的に、軽度の難聴がある人に適しています。現在の補聴器に使用されている技術のポイントはデジタルエレクトロニクスです。デジタル補聴器は小型コンピュータを使用し、音をデジタル信号に変換して、信号を増幅する前に音の高さと大きさを計算します。デジタル補聴器では特定の周波数を増幅することができるため、特定の聴覚ニーズに合わせてカスタマイズ可能です。また、ユーザーが話をより良く理解できるように、周囲の騒音を除去することもできます。

補聴援助機器(Assistive Listening Device、ALD):

補聴援助機器(ALD)は日常のコミュニケーション状況を改善することができる付加的な補助装置です。補聴器や聴覚インプラントと一緒にまたは単独で使用し、距離によるマイナス効果や、周囲の騒音あるいは室内の音響的障害を軽減します。基本的に、補聴援助機器は聞き取りのための能力を高めるツールです。多様なリスニング状況に合わせてデザインされた多種多様な補聴援助機器がありますが、FMシステム、赤外線および誘導ループシステムがよく使われます。公共の場で聴覚障がい者が利用できるものもあります。多くの聴覚障がい者が補聴援助技術を単独で、あるいは補聴器やインプラントと共に使用しており、そのおかげで、聞こえにくいような環境でも話がより良く理解できると報告しています。補聴援助機器の詳細については、ご担当の先生にご相談ください。

Get in Contact

Please name the person you want to get in contact with.